当たり前グランプリ2010
第2回中間報告会 2010年10月8日
於:山形市・食糧会館
  第1回中間報告会を開催してから3ヶ月が経ちました。エントリー各社の日頃からの熱心な取り組みや社員の変化など、確実に底力が養われてきているようです。
そんな中で第2回目の中間報告会を開催いたしました。この場での情報交換によりお互いに刺激を受け、それぞれの「当たり前」をさらに徹底している様子がうかがえましたので、その一部をご紹介いたします。
  • 始めたばかりの頃は新しい取り組みとして新鮮さがあったが、徐々に飽きてきた感じが出てきたので、電話応対マニュアル等の作成など、工夫し実施した結果、社内の雰囲気が良くなった。
  • 社内でのアンケートを実施した。予想では30%〜40%の社員が取り組みについて十分と答えると思っていたが、結果は15%と意識にズレがあったので、どうすれば十分になるか話し合う必要があると感じた。
  • 前回の報告会後から挨拶練習を行うようになり、社員の"全員で感謝の気持ちを"が行動に表れるようになった。今後はあいさつの仕方を統一するなど、"美しさ"を追求していきたい。
  • 確実に成果は出て来ているが、「もっと改善できるところはないか」「他人の時間を自分が無駄に使っていないか」などもっと見直す点が見つかった。
  • 以前よりお客様へのアンケートを実施していたが、回答に変化があった。最近ではあいさつが良くなったなどのソフト面での回答が多くなった。また、担当毎に差が出てきているので、今後は統一を目指したい。
  • 目に見える部分での改善はしてきているが、掃除場所など順番をしっかりと決めて、継続していきたい。
  • 社員だけではなく、最近は役職者のあいさつも良くなってきた。取り組んで半年間の声がけの成果だと思う。現在取り組んでいる口を隠して目だけでの笑顔作りに磨きをかけたい。
  • 関連会社が移転してきたことにより、ゴミが増えてしまった。ゴミの分別はしっかりと明示しているので、社員の意識の問題ではないか。
当たり前グランプリTOP
黒沼共同会計事務所 HOMEへ
© Kuronuma Accounting Office Tax Co. 2015 All rights reserved. プライバシーポリシー
免責事項・著作権
− 税理士法人 黒沼共同会計事務所 −
〒990-0047 山形市旅篭町3-1-4 食糧会館3F
山形掃除に学ぶ会