掲載日:2010/11/10 リストに戻る

「当たり前グランプリ2010」第2回中間報告会

当たり前グランプリ2010

去る10月8日、7月に引き続き、2回目の中間報告会を開催いたしました。

* 当社(うち)は、真心挨拶が当たり前・・・

《現在の状況》
各店舗により若干の差はあるものの、皆が意識を持ち、立ち止まって挨拶をする事を心掛けています。訪問先でもお褒めの言葉を頂く程に成長したスタッフもおります。

《今後の活動内容》
全社員にアンケートを実践し、各自の「当たり前グランプリ」に対する心構えと挨拶に対する意識の再構築を図ります。また、メインスタッフが各店を訪問し挨拶等の再指導を行います。社内で挨拶優秀者を毎月決定し、表彰をする事で、挨拶への意識の向上と個人のレベルに繋がるようにしていきます。口を隠しても、笑顔になるような顔づくりの練習も今後続けていきます。

* 当社(うち)は、事務所の環境整備が当たり前・・・

《現在の状況》
社訓「凡事徹底」を掲げ、5Sの躾、整理、整頓、清掃、清潔を中心に朝礼後20分清掃、出社後15分清掃、初めて仕事する人でも物の置き場所がわかる見える化を社内にて実践しています。

《今後の活動内容》
行動意識を高くするため、環境に関する方針の読み合せを行い、全員が声をかけあいモチベーションを上げていきます。具体的には、毎日朝礼当番が中心になり、5Sを徹底する。見える所はもちろん、見えない所の整理、整頓をもキチンと行う。時間はかけすぎず、当日決めた部分を徹底して磨く。また、全体会議で、当たり前の追求カイゼンを全社員で話しあい、レベルアップをはかっていきます。

* 当社(うち)は、全員で挨拶が当たり前・・・

《現在の状況》
お客様に対して全員で感謝の気持ちを伝える…そんな「当たり前」ができていない事に気付いて半年。お互いが声をかけあい、話し合い、満足できる挨拶ができたとき、仲間意識や団結心が生まれたように感じました。

《今後の活動内容》
全員が声を揃えて感謝の言葉を述べる、そして、一列に並んで一斉にお辞儀をする。感謝の気持ちを形で示すために、反復継続して様式美を追求していきたいと考えています。また、お客様の立場にたって、より望ましい挨拶を心掛けます。今のところ、この取り組みは、本社だけのものです。会社はひとつですので、今後は各支店・営業所や直営店にも拡げていきます。お客様への『感謝』という純粋な気持ちを強く持って、全員が体現してまいります。

* 当社(うち)は、ゴミの分別・ゴミを減らす(通称:ゴミゼロ)が当たり前・・・

《現在の状況》
@紙ゴミ(特に書類等)は、すべてシュレッダー処理をかけて、そのゴミを古紙回収業者に引き渡し、リサイクル処理を行っています。A空き缶・ペットボトルは捨てる際、中身を水洗いし、区分して捨てます。

《今後の活動内容》
ゴミの分別を測定し数値(重量、処理費用など)で示し、毎月目標数値を立てて少しずつ段階的に数値を減らしていきます。数値目標を立てることで、エコ活動やコスト意識などに対する社員の意識をさらに高めるのが大きな目的です。印刷会社は、印刷物を生産するのと同時に、不要紙(ヤレ紙)やインキ残りなどのゴミも出してしまう業種でもあります。ゴミゼロを全部門で推進し、「ゴミを減らす」から、「ゴミを出さない」印刷会社を目指します。

今回ご参加いただいた際の感想等


リストに戻る

黒沼共同会計事務所 HOMEへ
© Kuronuma Accounting Office Tax Co. 2015 All rights reserved. プライバシーポリシー
免責事項・著作権
− 税理士法人 黒沼共同会計事務所 −
〒990-0047 山形市旅篭町3-1-4 食糧会館3F
山形掃除に学ぶ会