207号(201412) リストに戻る

山形掃除に学ぶ会 〜第99回そして第100回記念を迎えて〜

 第99回「山形掃除に学ぶ会」記念年次大会が、日大山形高校を会場に430名を超える参加をいただき、開催することができました。(平成9年6月29日第一回大会と同じ会場で100名も多くの方にご参加いただきました。)
 第1回大会から17年目に到着したこの記念大会には、鍵山秀三郎相談役をお迎えして、「お掃除ふれあい道場」〜これまでは続けること、これからは伝えること〜をテーマに、和やかな雰囲気の中、それでもトイレ掃除の神様ともいえる相談役を囲んで、これからの掃除に学ぶ会の方向づけも含めて、みんなで語り合いました。
 いつもの講演とやや趣が異なり、リラックスして話される中、我々の生き方にも通じる大事なことを厳しく教えてくださいました。当然ながら、翌日の掃除実践は「凡事徹底」そのものでした。
 来年10月の年次大会にも「お掃除ふれあい道場パートU」を予定させていただきました。

〜鍵山秀三郎相談役のお手紙より〜
『第99回山形掃除に学ぶ会は素晴しい会でした。一点の非のうちどころもない百点満点に三重丸の出来映えでした。皆さんが力を併わせて造り上げた力作でした。
県外からの参加者は感嘆の声を上げておられました。田中会長は全国のお手本だと言っておられました。勿論私も同感でした。会の運営も全て整然と行われて敬服いたしました。中村様
(山形の世話人のお一人)の"釣り鐘"の手入れにはびっくりさせられました。手間を惜しまず、良いと思ったことは全てやり尽くす姿勢に頭が下がりました。
山形名物"いも煮"の昼食を美味しくいただきました。皆さんが二杯も三杯もおかわりをまだ余裕がある程沢山に作っておられて驚きました。お腹も胸も一杯になりました。山形駅を満ち足りた氣持ちを胸に抱いて出発しました....』

 そして、11月2日(日)には、第100回大会を山形市立第八中学校を会場に開催、今年の山形掃除に学ぶ会の活動を終えることが出来ました。
 私が鍵山相談役と出逢えましたのは、平成7年9月でした。習い事など三日坊主の私には「続けること」が一番苦手のはずだったのに、「掃除の会」活動だけは、なんとか続けてくることが出来ました。相談役の哲学・想いに心から共鳴し、それをやり抜くことが自分の成長と思えたからに外なりません。有難い出逢いといつも感謝しております。

 そして、またまた11月20日には、「台湾美化協会」の応援にも行ってまいりました。3月、9月そして11月の3回にわたる台湾の方々との研修の結果、「台湾美化協会」は立派な実践の場になった気がいたします。
 ここまで活動の幅を広げられたのは相談役の言われる「一人の百歩より、百人の一歩」であり、「人の成長は公共心が育ってそれを実践できた時、、、」が、支えとなりました。
 これからも山形掃除に学ぶ会の世話人として、自分のため(心の荒みをなくしたい)、周りの人のため(社会の荒みをなくしたい)活動を続け、伝えていこうと心新たにいたしたところであります。

黒沼 範子


リストに戻る

黒沼共同会計事務所 HOMEへ
© Kuronuma Accounting Office Tax Co. 2015 All rights reserved. プライバシーポリシー
免責事項・著作権
− 税理士法人 黒沼共同会計事務所 −
〒990-0047 山形市旅篭町3-1-4 食糧会館3F
山形掃除に学ぶ会