111号(200612) リストに戻る

健康との出逢い〜開業者認定講座修了書をいただいて〜

 5年ほど前「心仙健康法」の大家であられる松多忠彰先生(石川県小松市在住)にご縁をいただき、この度念願かなって「療術師開業認定」をいただきました。
 税理士試験以来の短期詰め込み受験勉強で、なんとか滑り込みで認定させていただきました。「心仙健康法」において、「健康とは心身一体」であるという考え方から、健康維持には

・・・ 思いやり・感謝の波動を持つこと 「病は氣から」の喩えのように、楽観的・肯定的・希望的(プラス思考)に行動すること
・・・ 人間の身体の70%は水でできているので、ミネラル分を含んだ水を沢山摂り、血液をサラサラにすること
仙骨 ・・・ 人間の身体は正常な骨格があってこそ血液も氣も正常に流れるから、常に姿勢を正すこと
栄養 ・・・ バランスに気をつけ、陽性・陰性の食品を調和よく摂ること

等を実践することが大切と、ご指導いただいております。
 この健康法がシンプルでわかりやすいところが納得するところとなり、飽きやすい性分の私もかつて実業家社長であられた松多先生の波動と、税理士である私の波調とが合ってしまったのか…格別のご指導を受けるご縁に恵まれたのでした。
 この健康法は、主人ともども私共の日々の元氣を支えてくれています。又、身近に不調を訴える人がいると放っておけない性分(?)もあり、親心的に「イタイイタイの飛んでいけ」流の波動施術をさせていただきたくなるのでした。
 そんなある時、近所に不幸があり、葬儀のあった晩に隣組のオバさん達が集まり、お念仏をさせてもらうのでずが、8割方正座ができず、"腰が悪い""膝が痛い"と言って足を投げ出し、お念仏をとなえている姿に、「痛がっている方を少しでも楽にさせてもらえるのなら…」といつもの世話好きが高じ、このたびの認定講座に取り組みました。
 この度、私と一緒に認定をいただいた寒河江市内で歯科医院をなされている佐藤先生は、心仙健康法をご専門の治療の中にも取り入れられるとお聞きしました。私の場合は、税務会計分野のサーヴィスが本業ですので、皆様の"心身の癒し"目的に活用したいものだと願っているところでございます。
 「森信三先生髄聞記」で著名な寺田一清先生も、「人にはシンボウが一番である。」と申されており、これは当然【辛抱】「信望」のことでありましょうが、私は「心棒」(仙骨を正して、背筋を伸ばすことと理解しました)がすべての始まりだと、今思っているところでもあります。


リストに戻る

黒沼共同会計事務所 HOMEへ
© Kuronuma Accounting Office Tax Co. 2015 All rights reserved. プライバシーポリシー
免責事項・著作権
− 税理士法人 黒沼共同会計事務所 −
〒990-0047 山形市旅篭町3-1-4 食糧会館3F
山形掃除に学ぶ会