122号(200711) リストに戻る

大空と大地の中で

果てしない大空と広い大地のその中で
いつの日か 幸せを
自分の腕でつかむよう

歩き出そう 明日の日にふり返るには
まだ若い
ふきすさぶ 北風に
とばされぬよう とばぬよう

こごえた両手に 息をふきかけて
しばれた体を あたためて

生きる事が つらいとか
苦しいだとか いう前に
野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ

 先月の16日、国分秀男先生を講師にお願いした講演会は、松山千春のヒットソング「大空と大地の中で」の熱唱をもって、好評の2時間があっという間に過ぎました。
 私共の講演会は、会場などの準備の都合から、事前に参加の仮申し込みをお受けしていますが、今回は 137名お申し込みのところを 124名のご参加で、何時もながらの定刻に開始されました。大変律儀に聴講された皆様に、国分先生も感激されたご様子でした。壇上の白板に準備されたキーワードの中で、最後までご説明がなかったテーマを、終了後に気付かれた先生から、翌日に次のような「皆様への御礼とお知らせ」が届きました。

 『昨日は講演会にお招き頂きましてありがとうございました。また、大好物のお蕎麦や素晴らしい「芋煮セット」まで頂戴いたし感謝申上げようもございません。にもかかわらず、講演の出来があまり良くなく大変申し訳なく存じております。きっと講演後の感想文も今ひとつ不満足のものが多かったのではないかと申し訳なく反省しております。(注・そんなことはございませんでした。好評でございました…!)
 さて、講演の終盤に、板書した「リーダーの四つのランク」の答を書くのを忘れてしまいました。もし、次回発行の『向日葵だより』に紙面のゆとりがあれば、答を載せていただけましたら、ありがたく存じます。

 ≪リーダーの4ランク≫

  A) 偉大なリーダーは 心に火をつける
  B) 優れたリーダーは 自らやって見せる
  C) 良いリーダーは 良く説明する
  D) 凡庸なリーダーは ただしゃべるだけ 』

 私事になりますが、先日、大学時代のクラス会を山形銘酒と私の手作りの山形芋煮(この度、郷土料理日本一に決定)を付けて銀山温泉で行いました。加えて、そば街道では山形蕎麦を食し、出羽三山・最上川船下りコースと新庄アーデンゴルフ倶楽部でのゴルフコースに分かれて、山形の秋を満喫してもらいました。還暦を既に過ぎた参加者の口々から出てくる「山形賛歌」から、私はかつての「田舎県」から出てきた旧友との評価から、今や「アルカディア山形」の住人として、羨ましがられる存在となったようでした。

平成19年11月10日 公認会計士 黒 沼  憲


小野川温泉・河鹿荘のリニューアルオープンの経過報告
株式会社 小野川温泉河鹿荘
観光カリスマ 代表取締役 佐 藤 雄 二

 平成19年9月21日お陰様をもちまして予定通り改装オープンすることができました。これも一重に黒沼先生と事務所の皆様の御指導の賜物と感謝申し上げます。衰退から廃業の危機へと向かっていた平成13年から丸6年。長いようで短いこの6年間で会社が方向逆転できました事も、ご支援・ご理解を頂きました各金融機関の方々並びに多くのお客様があってのことと、本当に有難く心より御礼申し上げます。
 さて、この度の改装は、テレビ番組「大改造!!劇的ビフォーアフター」に2回出演し「住環境の時代考証人」倉橋 英太郎先生(長野県松本市在住)に設計監修をお願いいたしました。
 先生曰く、『壊せば新たに造らなければならない為建設費用が増える。だから最大限あるものを活かし、周辺に調和した景観と住み良い空間づくりを目指し、「蘇生」をテーマにした。』とのことです。
 まさに当館が行わなければならない、低コストで出来る限りの費用対効果が発揮できる改装に打ってつけだったのです。
 出来栄えは予想を上回る素晴らしいもので、本当に満足しております。ご利用頂いたお客様からは「とても雰囲気が良いですね」「ここまで変るとは思っていませんでした」など、数々のお褒めのお言葉を頂戴しております。
 今回の改装では、お客様からもっともっと愛される旅館を目指しました。平成21年にはNHKの大河ドラマで上杉の家臣「直江兼続公」を主人公とする「天地人」の放映が決定いたしました。
 その直江公が兜の前立てに表したのが「愛」の文字です。この「出逢い」「めぐり合い」「愛」「藍」のあいをコンセプトに考えました。旅館は多くの皆様が集い、安らぐ場所です。館内の空間づくりに、地元の書道家によるアート・オブジェや工芸家による木の明かり(照明)を取り入れ、落ち着きと和モダンで個性が光るよう、こだわってみました。
 客室数 20室 から 25室へ。定員100名から123名へ。
 さらなる魅力ある旅館づくりと、お客様にご満足いただけます様、社員一丸となり日々サービスの向上とクオリティーのアップを目指して参ります。
 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


【お詫びと訂正】
 121号でご紹介しました有限会社 敬友農場さんの記事の1行目「疎開先である」とあるのは、「開拓して」の誤りでした。訂正してお詫び申し上げます。


リストに戻る

黒沼共同会計事務所 HOMEへ
© Kuronuma Accounting Office Tax Co. 2015 All rights reserved. プライバシーポリシー
免責事項・著作権
− 税理士法人 黒沼共同会計事務所 −
〒990-0047 山形市旅篭町3-1-4 食糧会館3F
山形掃除に学ぶ会