132号(200809) リストに戻る

おやじ日本 おやじ出番だ!

 「山形掃除に学ぶ会」が活動を開始して12年目に入りました。先日の8月31日(日)県立左沢高等学校大会で57回目を数え、この11年間で参加された方は、延べ10,000人を超えております。私共の掃除活動は年4〜5回程度、学校のトイレをお借りし、トイレ磨きの実践をすることで、「心磨き」をしておりますが、年一回の年次大会(全国大会)では講演会も開催しております。
 本年は講師に「おやじ日本 会長竹花豊氏」をお迎えしての講演会です。「おやじ日本」という団体は、『今、全国各地で子供をめぐる痛ましい事件が続発しています。子供が安心して通学できず、公園で思い切り遊べないようでは、私達大人社会はその責任を果たしているとは言えず、子供達はあふれ返る情報の洪水に飲み込まれ、大きな痛手を負う危険の中で生きています。私達は、子を持つ親として、我が子の順調な成長を祈って、家庭において、精一杯の努力をしている方が多いと思いますが、それだけでは子供をめぐる様々な問題に十分に対処しているとは言えません。
 今、すべての大人が新たな、あるいはこれまで以上の努力をすることが必要だと思うのです。それにはいろいろな取り組みがあると思いますが、できるだけ多くのおやじ(元おやじを含めて)達が立ち上がり、子供達を守ろう。』
とする集りです。
 私も掃除に学ぶ会活動を通して、竹花先生とお近づきになりました。早朝の新宿駅前で一緒に掃除をしたり、広島県警本部長時代の(暴走族の青年グループの更正のためトイレ掃除の大会に強制参加させるなどの)武勇伝もお聞きしておりました。青少年のからんだ悩ましい事件が多い昨今、竹花先生のお話は誠に時機を得たものと思いますので、一人でも多くの皆様にご聴講いただきたいと、ご案内申し上げる次第であります。
 おやじ日本2008年の活動の中から2つご紹介しますと、
「iS運動」おやじ日本発インターネットセーフティー運動です。iはインターネットのi、Sはセーフティー、地域安全運動のインターネット版です。携帯電話やインターネットの新たな危機から子供達を守り、子供の災害を未然に防ぐために行動しています。
「83運動」朝の8時は子供の登校時間、午後3時は下校時間ですが、子供を見守ることを大人の生活の一部にしていこうという運動です。
 例えば、散歩や買い物、草花への水遣りなどの外での用事を、子供の登校時間(朝8時)や下校時間(夕方3時)に集中して行えば、子供達の姿が自然に大人の目に入るようになります。通学路はもちろん、公園やショッピング街などの子供達が集りやすい場所に、大人の目を、日常的に向けていくことが、子供の地域での安全を見守ることにつながる83運動を全国的に広げています。
 私は「おやじ」にはなれませんが、山形のおやじさん達に、竹花豊氏のご講演にご来場のうえ、この運動のことをぜひ知って頂きたく思っています。
 「日本を美しくする会」も「おやじ日本」を応援し、お互いの活動を通じてより良い社会を目指していこうとしているところです。

平成20年9月10日 黒沼 範子

演題「青少年問題と大人の責任」

講師 竹花 豊 氏
昭和24年兵庫県生まれ。
東大法学部卒業後、 警察庁に入る。
広島県警本部長時代に暴走族根絶で成果を挙げ、 石原都知事の招聘で警察官僚としては初めて都の副知事に就任。 「歌舞伎町浄化作戦」 総指揮、都の青少年健全育成条例を強化するなど、 青少年や子どもを現代社会のさまざまな弊害から守る活動を展開した。(著書に「子どもたちを救おう」幻冬舎)

日時 : 10月 11日(土) 午後 3時 (午後 2時開場)
場所 : 保健センター(霞城セントラル3F) 大会議場


リストに戻る

黒沼共同会計事務所 HOMEへ
© Kuronuma Accounting Office Tax Co. 2015 All rights reserved. プライバシーポリシー
免責事項・著作権
− 税理士法人 黒沼共同会計事務所 −
〒990-0047 山形市旅篭町3-1-4 食糧会館3F
山形掃除に学ぶ会