102号(200603) リストに戻る

もうすぐ春です

 気象庁より桜(ソメイヨシノ)の開花予想が発表されたが、想定外の厳冬だった今年の冬も、2月の気温が高く、3月も平年並みか高い予想のため、各地で早い開花となる見込みだそうです。
 県内でも、あんなにあった積雪も、平地では一気に融けてしまいました。
 私共のクライアントの新庄アーデンゴルフ倶楽部さんからも、融雪作業が思った以上に進んでおり、昨年と比べオープンは大幅に早まるのでは、との情報を戴きました。
 3月に入り春めいてきますと、やはり爽やかで明るい話題も伝わってきます。
 JR東日本では、東北新幹線の試験車両「FASTECH360S」を初公開、世界最速の360Kmの営業運転を目指すとしております。3月末までに、山形・秋田新幹線用の360Z型も完成するようです。
 そんな陽気さえも政治の世界には、未だ縁遠いようです。与党自民党や政府に対して「四点セット」の問題提起でいったんは優勢に立ったはずの民主党は、ライブドア絡みの「送金指示メールの捏造問題」で国会を空転させ、肝心の耐震強度偽装事件・防衛施設庁の大規模官製談合などの追及が中途半端になってしまった。そして、前原執行部は政府与党側の「敵失」を党再生の切り札として生かせなかっただけでなく、メール問題で墓穴を掘った格好であり、窮地の小泉政権に助け舟を出した形となってしまった感があります。
 確かに、先の衆院選で幹事長がホリエモンを「弟・息子」と持ち上げて全面支援した経緯があっただけに、(正直言って私も)絶対に何かあるぞ...、と疑ってしまいました。更にここに来て、「メール問題・自民党の陰謀説」の噂も出始めるなど、国会周辺は正に「魑魅魍魎(ちみもうりょう)の世界」と言ってよさそうです。
 ところで、トリノ冬季五輪も終わりましたが、我が郷土期待の星(男子スピードスケート500メートル、金メダル最有力と喧伝された)加藤条治選手も終わってみれば6位という結果でした。世界記録を持ち、国際大会で何度も優勝しており、実力は間違いなく世界一の選手なのでしょうが...。勝負は時の運、実に残念でした。
 しかし、4年に一度のオリンピックにピークを合わせられる選手は、多くはいません。かつてのマラソンの瀬古選手しかり、このたびのフィギュアースケートの真央ちゃんしかりで、一喜一憂しメダルだけで選手を評価してしまっては、選手もかわいそうです。
 メダル一個で終わってしまいましたが、善戦した日本の選手団に温かいエールを送りたいものです!(それにしても、荒川選手の金メダルは日本国民への大きな贈り物でした。一個のメダルが新しい歴史を作ってくれました。感謝、合掌...!)

平成18年3月10日
公認会計士 黒 沼  憲


リストに戻る

黒沼共同会計事務所 HOMEへ
© Kuronuma Accounting Office Tax Co. 2015 All rights reserved. プライバシーポリシー
免責事項・著作権
− 税理士法人 黒沼共同会計事務所 −
〒990-0047 山形市旅篭町3-1-4 食糧会館3F
山形掃除に学ぶ会