145号(200910) リストに戻る

地図から消えた毒ガスの島[大久野島]

 民主党の衆院選圧勝を受け、特別国会の首相指名選挙で第93代総理大臣に鳩山由紀夫氏が選出され、民主党中心の連立内閣が正式に発足しました。非自民政権が誕生したのは1993年の細川政権以来の16年ぶりで、野党が単独過半数を得て、政権交代が実現したのは戦後初めてのことです。自民党が戦後の日本を引っ張ってきたことは事実ですし、その功績はだれもが認めるところでしょう。ただ、ここ数年の自民党には、長く居座っている政権政党の緊張感のなさと奢りが感じられましたし、人材疲労も目に付きました。それに比べ、新閣僚の就任会見を見ましたが、溌剌として、新鮮味と初々しさも感じられ、「政権交代もいいものだ…」と、多くの国民が思ったのではないでしょうか。
 まさに、民意で政権交代が実現し、新しい歴史がつくられた感がします。野党に転落した自民党の総裁選挙関連ニュースが、天気予報の次に"お湿り程度"の扱いしかされない自民党…、このままでは、色あせ、忘れ去られてしまいかねません。自民党にも、生き残りを掛けた大変革を期待したいものです。
 さて、今月の2日と3日に、志ネットワーク全国会議「竹原・広島大会」に出席してきました。仙台発IBEX航空の中型新鋭機の窓から眺めた瀬戸内海の島並の美しさは、山形の内陸生まれの私には、格別のものがありました。広島県竹原市の〔瀬戸内海国立公園〕休暇村大久野島をメイン会場に、安芸の小京都たけはら町並み保存地域の資料館などで、全国会議が催されました。主宰者の上甲晃先生におかれては、かつての松下政経塾での教え子の4人が、鳩山内閣の新閣僚に名を連ねておられ、新著の「松下幸之助の求めたところを求める」も大好評とあって、益々軒昂で、素晴らしい講話が拝聴できました。
 ところで、昭和初期から、日本陸軍の毒ガス工場があった大久野島は、毒ガス洩れの検知用に放たれたかつての兎達に代って、今は観光用の愛くるしい沢山のウサギが出迎えてくれ、「ウサギの楽園で思いっきり海と戯れる・大久野島」と変貌しておりました。(戦争中は、秘密の島として毒ガスの製造と使用の実態は慎重に秘匿され、"地図からも消された歴史"がありました。)
 一方、竹原市街は、安芸の小京都とも言われ、特に町並み保存地区は、景観も家並みが素晴らしく、棒瓦の屋根、出格子などに見られる江戸時代の建物が多く残されており、まるで昔にタイムスリップしたような、ほのかな郷愁感を誘う町でした。歴代総理の一人「池田勇人」(所得倍増政策と「貧乏人は麦を食え…」の名失言で有名)の出身地、古くは「日本外史」を編纂した儒学者の「頼山陽」のゆかりの地でもあります。
 会議の最後に、上甲先生は「…不況期になると、松下幸之助が、なぜか見直される。既に亡くなって21年が経過する。しかし、松下幸之助は、今もなお、経営の神様としては、健在のようである。何よりも、松下幸之助は、「好景気良し。不景気なお良し」と言う。そのたった一言が、世の多くの経営者の心をとらえるようだ。みんなは、「好景気は良し。不景気は悪し」と思っているから、松下幸之助の言葉は、ある種、衝撃的なのだ…」と、締められました。
 尚、上甲晃先生は、11月26日開催の私共の「はたごまち活き生き講座」にご登場予定です。是非、皆様もご参加下さい。

平成21年10月10日
公認会計士 黒 沼 憲


リストに戻る

黒沼共同会計事務所 HOMEへ
© Kuronuma Accounting Office Tax Co. 2015 All rights reserved. プライバシーポリシー
免責事項・著作権
− 税理士法人 黒沼共同会計事務所 −
〒990-0047 山形市旅篭町3-1-4 食糧会館3F
山形掃除に学ぶ会