●最新の税務情報

2017.09発刊
平成29年度税制改正(個人所得関連 そのA)

 平成29年度の個人所得関連の税制改正として、前回は@配偶者控除等について記載しました。今回はANISA関連に関して解説します。 従来のNISA制度に「積立NISA」を追加(平成30年から)  NISA制度は、「家計の安定的な資産形成の支援と経済成長に必要な成長資金の供給...

続きを読む

最新の税務情報を掲載しています
●バックナンバー
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 [ 11 ] 12 >>
2006.06
平成18年度税制改正(続 その3) 役員給与(役員報酬と役員賞与)
 会社法では役員賞与は利益処分ではなく、費用となります(承認は株主総会)。これを受けて、法人税法は役員に対する報酬・賞与等の...
2006.05
平成18年度税制改正(続)
1.平成18年度税制改正(続)実質一人会社の増税規定の詳細について ■ 増税額の例  社長月額報酬が100万円だと、会社は約90万円...
2006.04
平成18年度税制改正(続)
3月末に平成18年度税制改正が国会で議決されました。これまでに事務所に質問の多かった事項を中心に解説いたします。 1 役員賞与の一...
2006.03
平成18年度税制改正 驚くべき改正が出ました!
昨年12月に平成18年度税制改正が発表され、3月末頃には国会を通りそうです。 今回の改正では会社法(今年5月施行)に対応したものが...
2006.02
確定申告スタート!
今回の確定申告にするにあたって、改正された点、うっかりしそうな点をまとめました。 <H17年分確定申告から変わること> 1国民...
2006.01
会社法 簡単解説(その2)
 先月に続いて「会社法」の重要な点をできるだけわかりやすく解説いたします。 6 配当の自由度が高い (1) その都...
2005.12
会社法 簡単解説(その1)
 2006年、これまでの「商法」が「会社法」に生まれ変わります。画期的な改正内容が盛りだくさんですが、重要な点をできるだけわ...
2005.03
定期借地権の権利金が償却可能 収益の分割計上も可能へ
平成17年1月7日付けで、国税庁から画期的な通達が出ました!  「定期借地権契約」とは、通常の借地契約とは違って更新が無く、期...
2005.02
自動車リサイクル料金の税務上の取扱い
《自動車リサイクル料金の税務上の取扱い》  今年の1月1日より、自動車リサイクル法が施行され、車を所有する全ての者を対象に、リ...
2005.01
平成17年度税制改正
 去る12月15日に平成17年度税制改正が事実上決定しました。  議論された定期借地権の償却や金融一体課税等の課題は先延ばしと...
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 [ 11 ] 12 >>
黒沼共同会計事務所 HOMEへ
© Kuronuma Accounting Office Tax Co. 2015 All rights reserved. プライバシーポリシー
免責事項・著作権
− 税理士法人 黒沼共同会計事務所 −
〒990-0047 山形市旅篭町3-1-4 食糧会館3F
山形掃除に学ぶ会