200706 リストに戻る

「やまがた緑環境税」ってなに??

 山形県の72%は森林で覆われ、山形の自然環境を支えています。この財産を県民みんなで未来へ引き継いでゆこうという目的で「やまがた緑環境税」が導入されました。法人の場合は平成19年4月1日以降に終了する事業年度等から、個人の場合は平成19年6月に支給される給料から、やまがた緑環境税が徴収されます。

≪納税義務者となる方≫

 個人:平成19年1月1日現在で山形県内に住所等を有する人

 法人:県内に事務所等を有する法人

≪税率≫

 個人:年1,000円・・・給与所得者の場合は、従来の住民税に上乗せされて徴収されます。

 法人:法人県民税均等割額の10%相当
  (例)資本金等の額が1千万円以下の場合、2,000円となります。

≪どう使われるのか?≫

 税収規模は約6億3,900万円と見込まれています。(平成19年は約5億4,400万円)

  ・森林資源の循環利用の促進
  ・病害虫などで荒廃した里山林の再生
  ・野生生物保全や自然環境学習などの取り組み
  ・森づくりサポート体制の構築

 などに使われます。

 税収の使い方を明確にするため基金を設置し、施策の事業効果や森林を取り巻く状況の変化に対応できるよう、創設して5年後を目途に、制度の点検・見直しを実施します。


リストに戻る

黒沼共同会計事務所 HOMEへ
© Kuronuma Accounting Office Tax Co. 2015 All rights reserved. プライバシーポリシー
免責事項・著作権
− 税理士法人 黒沼共同会計事務所 −
〒990-0047 山形市旅篭町3-1-4 食糧会館3F
山形掃除に学ぶ会