200710 リストに戻る

郵政民営化後の小包郵便の取り扱いについて

郵政民営化に伴い、下記の小包郵便物が郵便法の適用外となります。

・一般小包郵便(ゆうパック)
・定形小包郵便物(EXPACK500)
・冊子小包郵便物
・簡易小包郵便物(パスポケット)

上記の小包郵便物を利用して申告書等が送付された場合、税務署等へ到達した時点で提出されたとみなされます。

なお、通常郵便により提出された申告書等の取扱いについては変更はなく、従来どおり発信した時点(通信日付印の日)で提出とみなされます。なお、郵送により申告書等を提出する場合は、料金別納・料金後納の支払方法をとらないようにお願い致します。(別納郵便物・後納郵便物の場合、通信日付印が押印されないためです。)


リストに戻る

黒沼共同会計事務所 HOMEへ
© Kuronuma Accounting Office Tax Co. 2015 All rights reserved. プライバシーポリシー
免責事項・著作権
− 税理士法人 黒沼共同会計事務所 −
〒990-0047 山形市旅篭町3-1-4 食糧会館3F
山形掃除に学ぶ会