リストに戻る

2012年3月24日 石巻支援活動(宮城県石巻市鮎川浜(牡鹿半島))

期 日 平成24年3月24日(土)
行き先 宮城県石巻市鮎川浜(牡鹿半島)
主 催 NPO法人 日本を美しくする会
参加者 山形地区20名
活 動
内 容

瓦礫撤去・片づけ作業

7月より月1回のペースで活動している、『山形掃除に学ぶ会』による石巻ボランティア活動が、3月24日(土)再開されました。
3ヶ月ぶりに訪れた宮城県石巻市の牡鹿半島・鮎川地区では、新たな復興へ向けた動きが見られました。
2011年11月18日牡鹿公民館のすぐそばに、仮設商店街「おしかのれん街」がオープン。
プレハブ構造の木造長屋2棟で、震災前に鮎川浜や近隣地区で店を構えていた飲食店や、鮮魚店、酒店、青果物などのほかにも、美容室、土産物店、日用品店、電気店など16店が出店しています。のれん街で働いている皆さんの元気な姿が、とても印象的でした。

<おしかのれん街 石巻観光協会 遠藤愛絵さんのお話より>
ここ、おしかのれん街は平日は地元の方々が利用しますが、週末はボランティアの方も多く訪れてくれます。
鮎川浜の住民は、仮設住宅に移るなどして震災前と比べると半分以下になってしまいました。私自身、自宅が津波で流され、竹やぶを上ってやっとの思いで助かりました。今ここで生きて働けるのが不思議な感じがしますが、のれん街のみんなは頑張っています。

今回の活動内容は川の瓦礫撤去でしたが、以前よりもずっと瓦礫は少なくなっていて復興への確かな第一歩を感じられました。
これからは瓦礫撤去よりも、復興へ向けた支援が必要になってくるのかもしれません。


リストに戻る

黒沼共同会計事務所 HOMEへ
© Kuronuma Accounting Office Tax Co. 2015 All rights reserved. プライバシーポリシー
免責事項・著作権
− 税理士法人 黒沼共同会計事務所 −
〒990-0047 山形市旅篭町3-1-4 食糧会館3F
山形掃除に学ぶ会